介護職 契約社員 給料

介護職は契約社員だと給料が少ない問題がある

介護職は契約社員だと給料が少ない問題がある

介護業界に就職するという方は結構多くいると思われます。日本は超高齢社会に突入し、介護の必要性がどんどん増している現状を考えると、介護職を選択するのは賢明な判断だと評価することができます。

 

介護職は契約社員だと給料が少ない問題がある

 

ただ、この業界には大きな問題点があります。それは何かというと、給料等の待遇が良くないという点になります。求人が多くあるのでチャンスがあると捉えるのはいいですが、どの求人を選んでもいいわけではありません。

 

採用されやすいところを選ぶなど安易な選択をしてしまい、手取りが10万円台で生活できないため転職する結果になったケースは決して少なくありません。

 

契約社員は避けるべき?

介護職で就職する場合は正社員以外は選ぶべきではありません。契約社員は全国各地に多くありますが、避けることを推奨します。

 

契約社員は避けるべき?

 

初任給は正社員も契約社員も同じかもしれませんが、次第に給料などで差が広がっていき、福利厚生等でも正社員の方が優遇されています。

 

また、経営が上手くいかなくなった場合に切られるのは非正規社員なので、契約社員を選ぶのはナンセンスだと言わざるを得ません。

 

それでも魅力的な求人がないため契約社員を選ぶ方がいるかと思われます。事情があるのであれば仕方ないですが、このままずっと契約社員として働き続ける考え方は持たないようにしてください。良い求人を見つけたら転職することを前提に契約社員で就職するのであれば構いません。

 

将来を見通そう

介護職で就職する場合は、他の仕事よりも将来を踏まえた上で選ぶことが必要になります。

 

将来を見通そう

 

3年後、5年後、10年後、20年後といった人生設計をして、それにマッチした職場を選ぶべきです。誰かのために役に立ちたいというやりがいも大事ですが、まずは自分の生活を考えてください。

おすすめ介護転職エージェント

ホーム RSS購読 サイトマップ