介護職 転職 収入アップ

【介護職】キャリアを武器に収入アップできる転職方法とは?

キャリアを武器に収入アップできる転職方法とは?

キャリアを武器に収入アップできる転職方法とは?

介護職は収入が低いといわれます。実際に生活できないといった理由から、転職される人も多いです。現場で直接介護に携わっている方の収入が低いのは確かな事ではあります。

 

ただ、これは介護報酬など、国が考えないと個人では解決しにくい問題です。では結局のところ、収入アップが難しく、我慢するしかないのか?と言うと、そうでもないです。

 

介護は専門技術が評価される仕事

介護の仕事は、専門的な技術が評価されやすい職業でもあります。そういった特徴があるので、それをきちんと評価している会社へ入職するべきですし、場合によっては転職するのが将来を考えると良い選択でしょう。

 

介護は専門技術が評価される仕事

 

私の場合は、ずっと介護業界で仕事を続けていますが、転職経験も何回かあります。転職する度に私のキャリアを評価してもらい、今は一家を支えられるだけの収入を得られるまでにもってきました。

 

面接の時に必ず話す内容

何回かの転職を繰り返しわかった事ですが、面接の時、必ずお話する内容があります。それは、「どのくらい続けていたのか?」ではなく、「その会社(施設)で何を得たのか?」です。

 

面接の時に必ず話す内容

 

役職についてなくたっていいんです!パート勤務でもいいんです!そこで働いて何を自分の武器にしているのかを伝えることが大事なんです。

 

私はずっと訪問介護中心で仕事を続けていますが、はじめの職場は株式会社でした。なので介護そのものだけでなく、運営も勉強させてもらえました。

 

次の職場は、子供が小さくパート勤務だったので、現場の仕事に専念できて技術を磨けたこと。パートを経験しているからこそ、パートの方の気持ちがわかるようになりました。

 

そして、パートの人たちが介護の現場を支えている事もわかりました。ですので、私の武器は働く人たちと会社(施設)の両方の言いたいことがわかることだとアピールできました。結果、管理職になる事ができ、収入もアップしました。

 

違う視点で自分をアピール

身体介護が得意、夜勤が得意といった事も、大事なアピールポイントかもしれません。でも、それでは他の人との違いが見えないんです。だったら人と違う視点で自分をアピールするべきなんです。

 

違う視点で自分をアピール

 

収入がアップするという事は、自分を今の職場よりも高く評価してくれるということ。だとすれば、評価してもらいやすいように職務経歴書にアピールポイントも一緒に書いたり、話で困らないようにアピールポイントを整理しておくのも大事なことになります。

 

もちろん管理職ではなく現場のスペシャリストにも、アピール次第で進めると思います。皆さんのそれぞれの武器でキャリアアップし、給与面でも満足できるよう挑戦してみてください。

 

まとめ

  • まとめ

「何を自分の武器にしているのか」を伝え、違う視点で自分をアピールする事で、給与面に響いてくる、結果高収入に繋がるというお話でした。

 

合わせて、高収入に繋がりやすい職場の探し方についても読んでみましょう。これを読む事で、今回の収入アップに繋がるアピールの方法とは、また別の角度からも収入アップに繋がり易い方法を知ることが出来ます。

おすすめ介護転職エージェント

ホーム RSS購読 サイトマップ