介護職 高収入 施設

介護職の中でも高収入が見込める施設とは?

介護職の中でも高収入が見込める施設とは?

他の業種に比べどうしても収入が低いといわれる介護職ですから、介護の現場で働く場合には出来るだけ高収入の施設で働きたいですよね。しかし、求人を探しても表面上は収入の面であまり変化がないことも多いのではないでしょうか。今回は、どのような施設で働くことがより高収入を得ることが出来るのかをテーマにお話ししていきます。

 

介護職の中でも高収入が見込める施設とは?

 

障害の重い利用者さんを支援しているか?

社会福祉法人などの法人格を取得している福祉施設は、障害者総合支援法や介護保険法に基づき利用者さんへサービスを提供しています。障害支援区分もしくは介護区分が高い利用者さんに対してサービスを提供することで、より多くのサービス報酬を事業所は得ることが出来ることになっています。

 

福祉職とはいえサラリーマンですから、会社の利益によって収入に差が出てくるのは当然ですよね。つまり、より障害の重い利用者さんをより多く支援している施設であるかということが高収入に繋がってくるのです。

 

具体的には、障害者総合支援法の中でサービスを提供している事業所であれば障害者支援施設などが当てはまります。また、介護保険法の中でサービスを提供している事業所であれば、特別養護老人ホームなどが当てはまるでしょう。

 

障害の重い利用者さんを支援しているだけに、業務内容もより厳しくなってきます。より専門的な知識や技術も必要とされるでしょう。しかし、これらの施設は働きながら社会福祉士や介護福祉士、介護支援専門員などの資格を受験するための実務経験を積むことも出来ますし、資格を取得することで資格手当などが支給され、結果的により高収入を得ることができるのです。

 

資格を取得すれば、より有利な条件で求人を探すことも出来ますね。

 

介護付有料老人ホームも高収入が期待

実は求人を見てみると、高齢者向けの老人ホーム等の中でも、特別養護老人ホームよりも介護付有料老人ホームの方が高収入だったりします。

 

介護付有料老人ホームも高収入が期待

 

特別養護老人ホームよりも、介護付有料老人ホームの方が利用者の負担する額が高かったり、ホテルのような施設やサービスが受けられたりもしますので、それで差が出るのかも知れませんね。

 

更に、高齢者向けの施設よりも、病院での介護職の方が高収入だったりもするのです。基本給が高めなのもそうですが、介護の仕事で付き物の夜勤手当ての金額が違う事が多いです。

 

老人ホーム等の施設や病院での介護やナースの仕事では、1夜勤に付数千円の夜勤手当てが付く職場がほとんどなのですが、この夜勤手当てに差がある事も多いのです。

 

1夜勤に付、割りと低めの所だと4、5千円〜高い所だと9千円ぐらいの手当てと結構な差が見られるのです。多くの職場で月に平均して4、5回の夜勤をする事を考えると2万円近く差が出ることもあり、この差はとても大きいですよね。

 

介護の仕事に就職や転職を考えている方はこういった事も頭に入れて様々な所を比較してみると、割りと高収入の職場が見つけられるかもしれないですね。

 

まとめ

  • まとめ

障害の重い利用者さんをより多く支援している施設など、高収入の施設の特徴をお話しました。また高収入に繋がる、夜勤手当や資格手当。保有資格を利用しより有利な条件で求人を探すといった方法がある事をお話しました。

 

今度は、高収入の求人を探す際に役立つ具体的な探す流れを読んでみましょう。予め知っておく事で、いつか転職する際に役立つかと思います。

おすすめ介護転職エージェント

ホーム RSS購読 サイトマップ