介護職の転職に関わる「3つの重要な考え方」

介護職の転職に関わる「3つの重要な考え方」

介護職の転職に関わる「3つの重要な考え方」

現在の職場で何が学べるか、早めに判断しよう

介護の仕事は、ヒューマンサービスであり、毎日が驚きと発見の連続です。利用者さんの人となりに触れ、その思いに寄り添うことは長年経験を積んだとしても、そう簡単にできることではありません。

 

現在の職場で何が学べるか、早めに判断しよう

 

ただ、数ある職場の中には、そうした介護の仕事の醍醐味に触れることが少なく、業務中心で学びのないまま、多忙な時間を過ごしてしまうだけのケースがあるかも知れません。

 

今の職場で何を学び、それが自分の将来の糧となり得るかどうか、今一度よく考えてみましょう。

 

他の職場も経験して視界を広げる

キャリアアップということで、どうしても垂直思考になりがちではありますが、真のキャリアは幅広い経験によって形づくられるものでもあります。

 

他の職場も経験して視界を広げる

 

例えば、入浴。残念なことに、職員配置の問題もあり、施設であれば週2、3回というところがほとんどです。

 

事業所の考え方として、法令の基準を満たせばよいと考えるか、職員の負担や利用者さんの希望やプライバシーに配慮しながら少しでも入浴回数を増やせないかと多くの職員で継続的に検討を続けるか、職場の士気に大きく影響します。

 

また、デイサービスの仕事を継続しながら、機会をみて24時間サービスの夜勤のアルバイトをされる方もいます。

 

さまざまな職場で働くことは、研鑽を積むことと同時に、自分にとって理想の職場を考える、いいきっかけとなるでしょう。

 

待遇面もしっかりと考慮する

いざ、転職を考えるとき、これまでのキャリアや資格がきちんと評価されているか、新しい仕事を、今後自分のキャリアの中でどのように位置付けをしていくか、しっかりと考慮しましょう。

 

待遇面もしっかりと考慮する

 

待遇面に不安・不満のあるまま仕事を続けることは、キャリアを構築していく上で、あるいは質のよいケアを提供する専門職として、決してほめられるべきことではありません。

 

介護職をはじめとする対人援助職は、ストレスを多く感じる職業であるとされています。ストレスを抱えすぎないよう、普段のセルフケアに励むことはもちろんですが、自身の仕事に関する意識をしっかりと持ち、ストレスマネジメントをこころがけましょう。

おすすめ介護転職エージェント

ホーム RSS購読 サイトマップ