介護 職場選び

介護の職場選びは慎重に!キャリアアップが可能な環境かを見極めよう

介護の職場選びは慎重に!キャリアアップが可能な環境かを見極めよう

介護の職場選びは慎重に!キャリアアップが可能な環境かを見極めよう

介護の職場探しにおいては、事業所の将来性ももちろん大事ですが、注目するべきことはそれだけではありません。自分自身のキャリアアップにつながるかどうかも重要です。

 

介護職に関わる資格には様々なものがあり、キャリアアップにつながるものも多くあります。代表的なものが「ユニットリーダー研修」と「認知症介護実践者研修」です。

 

この2つの資格を取得するためには、職場環境が条件にあてはまる必要があります。「ユニットリーダー研修」は、一般社団法人日本ユニットケア推進センターが実施している研修です。

 

ユニット型の介護施設においては、この資格を持つ職員を必ず配置しなくてはならないと定められています。また「認知症介護実践者研修」は、グループホームにおいて必ずこの資格者が必要とされています。

 

このように、施設に必ず配置しなくてはならない資格を保持するということは、キャリアアップに大きな意味を持ちます。事業所の規模が大きければ、経営上の体力的にも、職員の育成が充実しているかもしれません。

 

一定期間、実地研修で職場を離れなければならないため、人手不足で休みもままならないような職場では、そもそも研修に行くことすらできません。また、資格を取得したあとも仕事の中で生かしていかなければ、せっかく学んだことも錆び付いてしまいます。

 

キャリアアップには事業規模が大きい環境が理想

介護の仕事で上を目指してどんどんキャリアアップしていきたいと考えるなら、ある程度事業規模が大きく、多様なサービス展開をしている事業所が望ましいと考えられます。

 

キャリアアップには事業規模が大きい環境が理想

 

超高齢社会の日本において、介護の仕事の需要は高まる一方です。有効求人倍率は2倍前後を推移しており、2名の求人に対して一人しか採用できない状況です。

 

都市部ではさらに倍率が4倍を超えることもあり、人手不足が深刻です。そんな「売り手市場」の中で介護の世界に飛び込むなら、よい職場かどうかをしっかりと見極める必要があります。

 

自分自身が将来どのように活躍していきたいかをしっかりイメージして、ふさわしい職場を選びたいものです。

 

まとめ

  • まとめ

施設の条件が当てはまる事で、キャリアアップに繋がる「ユニットリーダー研修」と「認知症介護実践者研修」について触れました。また、キャリアアップの環境が整っている傾向にある事業所についてもお話しました。

 

また、セットで介護職の中でも高収入が見込める施設とは?も読んでみましょう。この記事を読む事で、障害者支援施設といった高収入に繋がる施設の特徴について把握する事ができ、職場を選ぶ際に役立つ「ひとつの指標」が手に入ります。

おすすめ介護転職エージェント

ホーム RSS購読 サイトマップ